散らかった六畳間へのメッセージ

好きなことを好きなだけ。

ライブの記録 その7(後編)

※このあとまだ振替公演を残しているスキマスイッチツアー2018「ALGOrhythm」演出等に関する記述がややありますのでネタバレ避けたい方は引き返してくださいまし。

 

ライブの記録 その7(後編)

2018/11/10、11 横浜アリーナ

スキマスイッチ「Reversible」

 

前編で長々とオタクの勝手な拡大解釈をお届けしましたが、まだ続きます←

 

15周年記念ライブ2日目。

タイトル「リバーシブル」通り曲順がひっくり返ったり、異なるアレンジになったりと随所に工夫が施されていて、まだまだ気付けていないところが多そうだけれど、色んな楽しみ方が出来た。

やるとは全く思っていなかった一番好きな曲「SL9」が異なるアレンジで両日にセトリ入りしていたことも感無量であった(この曲の話はまた後日改めて)。

 

さて、1日目いちばんグッと来た〆の「ただそれだけの風景」、なんと2日目は曲が変わった。ラストを変えてくると予想しておらず思わず「凄い…」と唸ってしまった。

リアライズ」という曲である。

 

まだこの曲の感想は自分の中でまとまっていないのだが、今の思いを忘れたくないので中途半端ながら記録することにした。

 

 

 

今年久しぶりのオリジナルアルバム「新空間アルゴリズム」をリリースしたことについては以前触れたが、リアライズはその最後の曲である。つまり、初めての(ミニ)アルバムの最後の曲・ただそれだけの風景と対極の位置にいる。

このセトリになるまでそんなこと意識しなかったが、歌詞を見比べてみるとどこかリンクしている箇所がある。

 

ただそれだけの風景の物語の概要は、うつむきがちな主人公(蒲公英)が通りを行き交う人が上を向き桜を見るなかで、自分のことを見つけてくれた「靴ひもを直す君」に出会い楽しさや生き甲斐を見つけ、いつか憧れのあの子のもとへ風にのって飛んでいきたい、そんな果てしない夢を抱く。ざっというとそんな感じ。

 

それから15年近くの時を経て、蒲公英ではないけれど、果てしない夢を心に秘めた主人公が様々な経験・挫折を通して見たこともない景色に出会う、そんな曲が現れた。

 

「さぁショウタイムの始まりだ ここからなんだ」

 

果てしない夢を叶えた(十分なキャリアを積み重ねた)このタイミングでのこの歌詞。新空間アルゴリズムリリース時【原点回帰】をテーマに掲げていたが、他の曲と見比べてみるとこういう風にアンサーソングとしての意味合いも持たせることが出来るのかと(この曲だけではなく、宇宙等が出てくるからSL9等宇宙の歌にも繋がるのかも)。シンタくんが昨日のMCで「リアライズは過去と未来を繋ぐ歌」と発言していて、こういうことなのかな?と解釈した。常に何か挑戦をし続けるふたりだからこそ響かせることが出来る歌。脱帽です。

 

 

そしてアルバムにひとつは入っているアウトロがエモーショナルな曲シリーズにリアライズが該当する。ライブで卓弥さんのフェイクと演奏陣の止めどない音の渦が合わさりどこまでも高みに連れていってくれる時間が私は大好きなのだが、今年のツアーではそのポジションがこの曲であった。しかしツアーと大きく異なるのはしっかりとコール&レスポンスの時間があったこと。ツアーでは音の渦に静かに身を任せて飲まれていくのが心地よかったのだけれど、昨日は歌いたい、一緒に叫びたいという衝動にかられた。これまでのスキマのライブのどんなコール&レスポンスよりもアツい気持ちになった。なんでなんだろう。ツアーの映像と見比べてみないとわからないけれど。直前の才能の壺のMCがそうさせたのだろうか

(卓弥さんが曲を作る度に才能の壺から水が無くなってもう二度と曲を作れないのではないか、と思うことがあるらしい。そうしたらシンタくんが即座に「俺が(水を)入れてやるよ」と返して、私は泣いた←)。

とにかくあの場所にいたこと、何かの形で刻みたかったのかなぁ。

 

 

Reversibleは2日間で完成するように見せかけて、1日目に過去15年のライブを完成させたふたりが2日目、逆の曲順(全力少年1曲目)から新たなスタートを切った、とも考えられる。そんなふたりが放ったリアライズ、「あの時から全てがこの場所まで繋がっていた」というフレーズを特に力強く歌い上げた卓弥さんと、ステージを包み込むオレンジ色の景色は一生記憶に残るだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけのことさ

ライブの記録 その7(前編)

2018/11/10、11 横浜アリーナ

スキマスイッチ「Reversible」

15周年記念のアリーナ公演。代表曲のオンパレードに見せかけて、ニクい演出の連続。初めて参加する人も、毎回通ってる人も、双方が楽しみ、感情を揺さぶられるような2日間だったはず。

最初から最後まで語りたいが、その中から1日目と2日目の〆に選ばれた2曲の話をしようと思う。

 

 

 

スキマスイッチの曲に「ただそれだけの風景」という曲がある。デビュー年に発表したミニアルバム「君の話」最後の曲である。

桜並木道に咲く蒲公英の物語で、私は元気がない時に歌詞のとあるフレーズを反芻するくらいお気に入りである。

 

この曲は、初期のスキマスイッチにとって定番の「ライブの〆曲」であった。

全部ではないが、ワンマンツアーではほぼいつもアンコールの最後に披露されていた。

 

2007年、デビュー5周年突入記念に行われた初のアリーナツアーでも万感の思いで演奏されると思われていたこの曲は封印され、その年に出た新曲「マリンスノウ」が披露されたのだ。

 

これまた名曲で、名演で、ライブ自体は本当に素晴らしかったのだが、私には不穏な未来が頭をよぎった。

「君のいない海で生きていこうとしたけれど思い出の重さで泳げない」

喪失感でいっぱいの歌。素晴らしい演奏の中に感じるどこかヒリヒリとした感じ、あまりにも一生懸命な卓弥さんの歌。これは、、、

 

2008年、スキマは人気絶頂の中でソロ活動イヤーという道を選択した(事実上の活動休止)。

予感は的中した。

その後活動再開してからふたりの絆が強まっているのはご覧の通りでその辺の詳細に関しては割愛する。

 

追記→5周年アリーナ公演自体が不穏なわけではなく、本当に素晴らしかった、というかアーティストスキマスイッチとしては、キャリアで最高の芸術点かもしれない。もしかしたら不穏に感じたことは後付けかもしれない。

とにかく30のふたりが紡ぎ出した音楽があまりにも完成しきっていたから、マリンスノウがあまりにも切なくて、どこか「おっ…?」って思った気がする、のです。

 

 

 

活動再開後の新作「ナユタとフカシギ」を引っ提げたツアーや全都道府県をふたりきりで回ったツアー等の肝のところで再びセトリ入りした。各地でたくさんこのメロディーが奏でられたことが、本当に嬉しかったし、完全にオタクの創造でしかないが「もうスキマスイッチは本当に大丈夫になったのだなぁ、新しくもふたりで同じ風景をまた見ているのだなぁ」と安心した。そんな、ふたりの未来を勝手に考えてしまうような、大切な曲だ。

 

その後10周年を迎えアリーナツアー、初武道館フルオーケストラ公演、大型フェスやイベントでの数万人規模の動員から、はたまた3桁規模でのプレミアムライブ等々、様々な経験を積んだふたりが15周年のお祭りライブ初日のラストナンバーに選んだのは、ただそれだけの風景だった。

 

もしかしたら、2007年に披露してもよかったのかもしれない。でも、これまたオタクの拡大解釈でしかないが、あの時がもし解散ライブならただそれだけの風景をやったんじゃないかなって。だって物語として完璧な完成だから。当時思いつくことをやり尽くした初期三部作をすべて大ヒットさせて、オリコン1位・紅白出場の箔もついて、日本の音楽シーンの最高峰まで登り詰めて超満員のアリーナで「ただそれだけのことさ」って歌って終わったら伝説じゃん。

ふたりはやらなかった。制作の次の手を考えついていなかったけれど、いずれの選択肢には解散はあったかもしれないけれど、そのつもりはなかった。ふたりが一度別れることの決断と未練と続く未来をスキマスイッチ君に歌わせたんだ。

 

そして今、ふたりはふたりのペースで活動を続けている。伝説になることも素敵だ。カッコいい、と素直に思う。でもふたりが続けることを選んだこと、今ふたりの未来に花が咲くような作品が生まれたこと、このタイミングで「ただそれだけのことさ」と言えること、こんなカッコよさも、あるんじゃないのかなって。

 

最後に私が反芻しているフレーズを。

「思えば僕の脳みそってのは単純なもんだなあ

ほんのちょっとのきっかけで毎日が楽しくなってるよ

でも誰だってそうなんだ そうなんだ本当は

すべてモノの見方次第だって忘れてんだろう」

 

後編に続く

 

過去ブログ的なアレ
https://sugarshop-archive.tumblr.com

お題ください
https://bou310faq.sarahah.com/

CDをレンタルする、ということが好き。

他のどの店に行っても置いていなかったCDが置いてあるレンタルショップを先輩が教えてくれたのはいつのことだったであろうか。数年前かな。

 

神保町のジャニス。

 

その言葉だけで興味を持ち行ってみたところ、中古を買い集めるのも難しいシロモノや、聞いたことのない気になる作品がたくさんあって、私はワクワクしながら山積みを物色した。


悲劇はレジにて起こった。会員登録に住基カードが使えなかったのだ(規約を読んどけ自分)。

私は当時車の免許を取得していなかった。クレジットカードも使えたらしいが持ち歩かない人間だったし特に住民票の用意もなかったので諦めざるを得なかった。後日、それらの別の公的なものを提示すればいいだけなのに、何を思ったか、私は絶対に免許を取ってジャニスに行こう思った(突然の飛躍)。勿論、免許を取ろうと思ったのには家庭の事情とか色んな事が重なった結果ではあるが、やはり免許がないと上手くいかないことも多く、せっかくならばこの際お金貯めて取ってみっか、というきっかけの始まりを与えてくれたのはジャニスだった。免許を取って行きたいところリストの一番上がジャニスになったのだ(なんのこっちゃ)。

 

時を経て今年の春、私は仕事をしながら貯めたお金で教習所に通った。そして4ヵ月後、普通免許を取得した。家族を乗せて運転する目標は果たした。その後ちょっと忙しく(言い訳に過ぎないが)しているうちに、ジャニスが何かレンタル割引するとか言い始めた。よし免許握ってドヤ顔で行こうと思っていた。そして今日に至った。

 

ジャニスは、10月でレンタル営業を終了した。レンタル営業を終了したのだ。なんということだ。こんなことがあってたまるか。私が、免許を、ドヤ顔で提示する場所が、機会が、無くなってしまったのだ。嗚呼、私の汗と血と涙の4ヵ月。11月初頭の寂しい風と共に突然教習所でのあんなことやこんなことがフラッシュバックして、私はただ静かに涙を流すのであった。


しかし、まだジャニスは営業している。私はジャニスでまだ音楽に出会えていない。ジャニスが私に残してくれたのは今のところ普通免許だけだ。さあ、最後に未知の音楽に出会いに行こう。11月は在庫セールやるそうです。詳しくはお店のTwitterをご覧ください。

 

以上、一度もお店を使ったことのないジャニスファンの戯言でした。




過去ブログ的なアレ
https://sugarshop-archive.tumblr.com

お題ください
https://bou310faq.sarahah.com/

#2 夏といえば

お題をいただきましたー。

【夏といえばこの曲】




皆様、お気づきでしょうか。


そうです、凄く前にいただいておりまして、夏が、終わりました!!!私最低!!!


いや、考えていたんです、この夏ずっと。追いかけているミュージシャンのことと毎日の生活のことと友達のことと美味しいもののことの次にずっと考えていたんですよ。(仕事は)

俺の夏プレイリストを作る気満々で選曲していたら膨大になりましてまとまらなくなりました。夏っていい曲多いですね。ちなみにどの季節でも言っています。


でも私にはありました、ありました。ズバッと一曲、夏はコレ!と言える曲



「夏の決心/大江千里



勿論推しのミュージシャンの楽曲をあげたらキリがないし、青春時代にプールのスピーカーから聞こえてきた曲を思い出したらそこにこの曲はなかったのですが、絶対に毎年、夏になったら口ずさんでしまう。


こんなにもキラキラした空が見えて、テンション爆発したまま外に駆け出したくなるイントロからの、歌い出しが【夏休みはやっぱり短い】なんです。


【夏だ!】ではなく、【夏が来た!】でもなく、【夏が終わる】でもない。


夏のはじまりの底抜けに明るい歌も、夏の終わりのノスタルジックでセンチメンタルな歌も大好きなんですが、【夏休みはやっぱり短い】このワンフレーズにその両方がいっぱいに詰まっているんです。幼い頃にテレビから流れてきて、このフレーズだけを頼りに大きくなってから誰の歌か検索して、CDを借りに行ったことを覚えています。


というわけで、私の夏は「夏の決心」を聴いてはじまり、「夏の決心」を聴いて終わります!
カセットテープのA面の最初とB面の最後のほうに録音してドライブのお供にしたい。



20181005


過去ブログ的なアレ
https://sugarshop-archive.tumblr.com

お題ください
https://bou310faq.sarahah.com/

ライブの記録 その6~ウクレレを買った~

初夏に「夏といえばこの歌!」というお題をいただいたのに、9月になりました。誠に申し訳ございません。9月の終わりにやります(今やらないんかい)

楽天スーパーセール終了30分前くらいに駆け込みでウクレレを買った。何か新しく始めたいなと思いつき。友人が楽しそうに練習していたので真似してみた。ギター挫折人間がどのくらい持つのか、見物ですなこりゃ。


先週末、広島県尾道市へ。
私が旅をする目的、そうライブ。(それでいいのか)(それでいいのだ)

20180908~09
ポルノグラフィティデビュー20周年イヤーキックオフライブ
しまなみロマンスポルノ'18~Deep Breath~


ニュースでご存じの方も多いと思いますが、2日公演のうち2日目が豪雨のため中止に。
私は1日目のみ参加し宿泊→2日目はライブに行かず二人の出身地・因島を中心に尾道観光を予定しており、ライブ自体には参加することが出来た。しかし現地での中止発表の瞬間に遭遇し、更にライブの時のふたりの嬉しそうな表情を思い出してはこの決断に至った今の気持ちを考えるとどうしようもなく苦しかった。参加出来た身でこんなことを言って良いのかもわからず、更に前を向こうとはしながらもショック症状の強いTLで旅のことを呟くのは気が引けたので、こちらに備忘録としてまとめてみた。前置き長くてすんません。

ライブビューイングも決まりそうですしネタバレダメな方は引き返してください。

準備万端で行ったので大丈夫だったけれど、降り続ける雨にポンチョ二枚重ねで対抗、手こずりながらも着席。
はっさくメガネが客を煽り、場内を広島出身ミュージシャンの楽曲達が彩る。
YMCAで身体をあたためたところでポルノ登場。いきなりキング&クイーン!手拍子・コーラスで会場はひとつに。

その後おもむろにスクリーンに表示されたCDジャケット。作品は遡りワン・ウーマン・ショー~甘い幻~へ。
昭仁の「甘い…幻…」という台詞、いつも友人とカラオケでネタにするのに(するな)、本物聴いてしまうとハートを射ぬいてくるからズルい。
久々に聴きたかった瞬く星の下で、どんどん力強さを帯びてくるワンモアタイム(私の中では今回のベストアクトかも?)、とシングル曲のオンパレード。アニマロッサは演出も凝っていてスクリーンを見るのも楽しい。ギフトは私の応援歌なので定番になっているのが本当に嬉しい。Winding Road~ROLL~愛が呼ぶほうへの流れは心潤いまくり。雨の中響くハーモニカが美しい。
Mugenは踊りまくりボルテージ最高潮、サボテンは雨がもはや演出なのではないかと思うほど胸を締め付ける、そこからのデビューシングル・アポロ→最新シングル・ブレス。
全ての曲に勝手ながらリリースされた頃の思い出があって。あんなことしていたなあ、こんなこと考えていたなあとか。カップリングとかアルバム曲で魅せる一面も大好きだけれど、やっぱりシングルの持つ力って強いなと改めて感じたし、「二人が大きくなって、代表曲たくさん引っ提げて地元に凱旋したんだ!!」という感慨深いものをこれまた勝手に感じ思わず涙しそうになった。

シングルオンパレードが終わり、因島を思う曲達や、ライブ定番ナンバー(Century Lovers最高)が後半は披露された。
狼、Aokage、そらいろ。地元を意識した歌だからだろうか、いつまでもフレッシュなのに最初から今まで懐かしさを感じる曲達、今の彼らで聴けたの嬉しかった~。(欲を言えばJazz upも聴きたかった)

城天を意識したセンターステージ(高さありすぎて滑らないか心配だった)でオーディエンスに囲まれた状態でのアゲハ蝶。昨年のロッキンでのアゲハ蝶のとんでもない絶景とはまた違う、素敵な景色が彼らの目に映ってくれていたらいいなあ。

最後に、悪天候のなか頑張っていただいたポルノチームの皆様、スタッフの皆様、休日営業で歓迎してくれた因島の皆様(シャインマスカット大福美味でした)、素敵な思い出をありがとうございました。あと宿泊したりご飯食べたりした尾道と福山周辺も最高だった!また、絶対、行きます!

20180912
明日はサウダージ発売から18年の記念日!


過去ブログ的なアレ
https://sugarshop-archive.tumblr.com

お題ください
https://bou310faq.sarahah.com/